未分類

オープンキャンパス

連休初日の土曜日、立教女学院はオープンキャンパス開催の為沢山のご父兄を伴った高校生達で賑わった。私も幼児教育科模擬授業で参加。恒例になっている夏のイベントなのだが〜今年度を最後に募集を終了するとの突然のニュースが関係者に知らされ正直戸惑いを隠せなかった。少子化の文字が新聞その他メディアを騒がせて久しいが、いよいよこの歴史ある女学院にも〜と思うと心が痛む。将来の夢を実現させたく、この学び舎に心を託そうとしている真摯な若者達を前に、気持ちを凛とさせなくては!と逆に大きなエネルギーを得た!外は久々の夏の日差しだが〜マリア礼拝堂での空気は厳かだった。最後の時まで幼児教育の大切さ自己表現の必要性を少しでも若者達に手渡して行かねば!これから日本を担っていく小さな命のためにも!

2016-07-18 | Posted in 未分類Comments Closed