未分類

銀座へ

「今日は24節気の穀雨です」そうTVの気象予報士さんのコメントに〜古の人々はなんて素敵な言葉を作り出すのだろうか!と思わず感激した。少し前は「清明」次はもう「立夏」全てが自然と共存した生活の中から生まれてきた言葉なのだろう「1年を24駅に見立て電車が走って行きます」とも説明をしていた。成る程子供でも分かりやすい。すると次の駅は「立夏」かァ〜

昨日は、今週末に控えた朗読ライブの為、髪をチェックして貰いに銀座のスタイリストさんを訪ねた道すがら久々の銀座へ降り立ちフト見上げると王子ホールの前の歩道のハナミズキが白い花を付けていて、吹き抜ける風が心地よかった

  

2016-04-21 | Posted in 未分類Comments Closed