未分類

朗読会へ向けて〜

連休の最終日、西は梅雨明けになったとのニュースが〜私は11月に開催決定した恒例の「あなたへ読む物語」の準備開始日になりました。デザイナーさんの岡田さんとあっちぇる.代表齋藤さんとでチラシ作成などの打合せを!今回は私も参加です。

みんなの都合の良い吉祥寺の甘味どころに決定!(笑)様々な意見交換の上、気心の知れた女子会?も無事終了。まだまだ先が〜あっという間にその時が来てしまうのです。さぁ、少しづつ心の切り替えです。

また、順次ご報告致します!

2016-07-18 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

オープンキャンパス

連休初日の土曜日、立教女学院はオープンキャンパス開催の為沢山のご父兄を伴った高校生達で賑わった。私も幼児教育科模擬授業で参加。恒例になっている夏のイベントなのだが〜今年度を最後に募集を終了するとの突然のニュースが関係者に知らされ正直戸惑いを隠せなかった。少子化の文字が新聞その他メディアを騒がせて久しいが、いよいよこの歴史ある女学院にも〜と思うと心が痛む。将来の夢を実現させたく、この学び舎に心を託そうとしている真摯な若者達を前に、気持ちを凛とさせなくては!と逆に大きなエネルギーを得た!外は久々の夏の日差しだが〜マリア礼拝堂での空気は厳かだった。最後の時まで幼児教育の大切さ自己表現の必要性を少しでも若者達に手渡して行かねば!これから日本を担っていく小さな命のためにも!

2016-07-18 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

猛暑の七夕

子供の頃、我が家には広い竹やぶがありました。雨上がりなど、玄関までの石畳みの途中に大きなカエルが居座っていてドキドキしたものです。竹やぶの中には茗荷が沢山生えていて〜おままごと遊びの大切な小道具でした。大人になった今、私は何故か茗荷が苦手です。何十年も時が過ぎ、家屋の造りも何度か変わりましたが〜最近になり、竹やぶの名残の竹があちこちに顔を出して来ています。フト思い出しました〜あの頃自分と同じ様な小さな子供達が七夕様が近づくと、手に小銭を持って「竹を下さい!」と、祖母を訪ねて来たものです。きっと親が持たせたのでしょう。祖母はその度にどれが良い?と子供達のリクエストに答えながら適当な笹竹を切ってやっていたものです。小銭と共にお八つなど用意して〜「ありがとうございました」嬉しそうに帰っていく同年齢の子供たちを、私はチョット得意げに見送ったものです。

幾つかの願い事を記して笹飾りを作ってみました。最近眼の手術を終えたので「早く回復して視力が戻ります様に」3月に生まれた息子の「ベビーの髪の毛が早く伸びますように」何時までも男の子?と聞かれるのです(笑)


そして世界が平和であります様に❗️

2016-07-07 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

銀梅花

今年の春先に「銀梅花」別名マートル(^o^)を植えて頂いた。長い間古い家屋が数件建っていた場所が突然広い駐車場に変身!多少日当たりは悪かったが大きな木々が揺れ動く風景に慣れ親しんで来た我々は低い塀一枚で区切られたてしまった我が家の庭先がまるで運動場の一部の様な錯覚にとらわれて、味気無い気持ちになってしまった。

そこでガーデンの仕事をしている知人に相談して相応しい植木を数本お願いした。彼女が選んでくれたのが「マートル」聖書の中にもでて来る様な素敵な白い花を咲かせる木で〜

「私はオススメです!今年の夏はまだ花が咲くかどうか分かりませんけれど、なるべく大きめの苗を用意しますね」鉢に有ったオリーブの樹も一緒に並べて整列!6月に入り2階のベランダからフト苗木を見ると期待していなかった小さな白い蕾を見つけて❗️万歳❗️

こんな可愛らしい花が今4本の苗木を飾っています。秋には実がなるとか?

2016-07-07 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

ベルガモットの花

雨の合間、時々お尋ねする、小さなアトリエ〜様々な作家さん達の手作りの小物たちに囲まれて、オーナーとお茶を飲む一時が心をホッとさせてくれる。

テーブルの脇にひときわ綺麗なローズピンクのお花を見つけた!ベルガモットと聞き、初めての対面に感激であった。

2016-06-15 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

桑の実のジャム

静岡SBS学苑での朗読講座は、講師である私が沢山のエネルギーを頂く。年齢様々な熱心な受講生の皆さん達が、コトバに取り組む姿勢には感動!故.津島佑子女史と申京淑女史の往復書簡「山のある家.井戸のある家」の一部ををテキストに取り上げているのだが、その中の文章に「桑の実〜」と云う一文が出てくる。「家に桑の実がなりました!テキストに書かれていたのを思いだして、ジャムを煮てみました。ほんの一口ですがどうぞ!」ある生徒さんからのプレゼントだ。何だか、思わず心に熱いものを感じた。少しハードルが高いかな?と反省と迷いの指導であったが〜「あぁ、こんな風に文章を感じとって下さったのだぁ!」と改めて、この作品に出逢わせて下さった津島さんにも感謝した。

2016-06-12 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

風の通るテラス席〜

2016-05-28 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

等々力へ

今日は、午後から「黒澤明研究会」の皆様方と世田谷区にある玉川区民会館でトーク会〜どんなオハナシが飛び出すか?

もちろん私は「赤ひげ」についてのお話になるてましょう。久々にセピア色の台本を持参です。路が比較的空いていたので、早めに到着。心配していた🅿️も、すぐ近くに見つかり〜近くのドトールコーヒーで一息〜カフェテラス付きのオシャレな作りワンちゃん同伴もOKはイイな!我が家の近くにもこんなカフェがあると〜なんて思わずパチリ。

すぐ脇を大井町線の踏切が有るのに、少しだけ歩道から下がった日除けの席は風が通り抜けて気持ちが良いのです〜初めて訪れた等々力の街の小さなオアシス。

2016-05-28 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

2ショット!

後藤さんと江本さんのお二人

2016-05-10 | Posted in 未分類Comments Closed 

 

仕事ではなくNHK敷地内にある「ふれあいパーク.ギャラリー」へ知人の「二人展」を覗きに出かけた

今年の年賀状のデザインをお願いしたく、メールで連絡を取った方だ。昔〜何処で買い求めたのかも忘れる程の古い一枚の絵葉書に描かれていた切り絵の可愛いお猿さんに魅せられて、ハガキの下に書かれていた作者のお名前を辿り文明の利器インターネットの力を借りて、たどり着いた切り絵作家さん。なんと、九州にお住いの方でした。

東京でタッセル作家さん江本美和さんとコラボをなさるとの、これまたメールでのご案内に、馳せ参じた!初めてお目もじした後藤薫さんは、私の思っていた通りの方でした。

メールの文面から立ち昇る雰囲気は〜そのお人柄をも重ねさせるモノです。そして彼女の切り絵作品にも、誠実な暖かさを〜決して沢山のお客様がいらしている訳では無いけれど、それがかえって、広い空間の中での切り絵の繊細さと細い糸で作り上げるタッセルとが微妙な関係さの中で会話していた様に感じられた。birthday前の爽やかな緑に包まれた出逢いのひと時が過ぎた。

帰りに、彼女のこれまでの作品を散りばめた貴重なアルバム冊子を頂き何よりのbirthdayプレゼントになった!

2016-05-10 | Posted in 未分類Comments Closed